セフレをインターネットで作ろうと思うのであれば、自己紹介ぐらいはきちんと書けないとお話しになりません。セフレ掲示板などを利用するのはいいですが、自己紹介もうまくできていないのであれば、そんな人とセフレになりたいなんて思う人はいないのです。自己紹介というのは相手に選んでもらうときはもちろん、相手を選ぶときにも重要なポイントになりますよね。ですので、必ずプロフィール欄というのは、力を入れて書いていく必要があるものなのです。

セフレをインターネットで探すということは、まったく赤の他人と知り会おうとしているわけですよね。それならば信頼が必要になってくるので、相手に信頼されるような自己紹介を書いていく必要があります。セフレを見つけるのが上手な人というのは自己紹介もうまく書けているものです。逆にセフレをうまく見つけることができないというのは、自己紹介も下手くそな人ばかりです。それではセフレが見つからないのも当然だと言えるでしょう。

どのような自己紹介を書くべきなのか

自己紹介を上手く書くことができないと、相手に悪い印象を与えてしまいます。悪い印象を与えた人とは会うことはできないですから、セフレの関係なんて期待ができるわけもありません。対面の場合と違って、インターネットの場合は印象が悪いとそれを覆すことはかなり難しいことになってしまいます。ですので、悪い印象を与えないように丁寧に書いていきましょう。

とはいえ、誰かに好かれる可能性があるなら、誰かに嫌われてしまうようなことを書くのは間違いではありません。例えば自己紹介に「Aカップです」と書いている女性がいれば、巨乳好きな男性は見向きもしないでしょうが、貧乳好きな男性には好かれるので悪いことではありません。ですが、バカ正直に悪い印象を与えてしまうようなことは書かないようにしましょう。

例えば「童貞です」なんて書いても、そんな人とセフレになりたいなんて思う人はないでしょう。童貞といえばマイナスなイメージを連想させるワードの1つです。見た目が悪いのではないか?女の子と上手く話せないのではないか?などと、いずれにしてもセフレにはしたくないようなイメージがわきます。このようにマイナスなイメージを与えてしまうようなことは書かないようにしましょうね。

逆に自分を良く見せたいという気持ちがあったとしても、嘘をつくのもよくはありません。嘘をついてしまうと、例えそれが小さな嘘だったとしても、バレてしまえば他にも嘘がたくさんあるのではないかという気持ちになってしまいます。少しぐらい話を盛ってしまうのは仕方がないかもしれませんが、あからさまな嘘はつかないようにしましょうね。そして、セフレを探すとなるとついついやってしまうのが下ネタなどを書いてしまうパターンです。セフレを探しているのだからエッチな話ぐらいは大丈夫だろうと思ってしまうかもしれませんが、それはとんでもないことです。それは一般常識レベルの話しなので、いきなり下ネタなんて言ってくるような人とセフレにはなりたくはないものです。

例えば街中で女性がいきなりエッチなことを言いながら誘ってくると、怪しいので付いていこうとは思わないでしょう。ですから、下ネタというのは言わないに越したことはないのですから、絶対に言わないようにしましょうね。いくらセフレがほしいと思っている女性であっても、そんな常識のない人とまで会いたいとは思わないのです。特にインターネットの場合は自分の安全が第一なわけですし、怪しい人とは会わないですしね。

ちなみに、童貞など女性慣れしていないことを連想させることを書くのは良くないですが、女性慣れしているようなことを書くのも印象が良くないです。やりとりをして印象が良ければ、女性慣れしているかどうかなんて関係ないですし、相手もわかってくれますからね。セフレを探すという場合でも、誠実な男性だと思ってもらえるようなことを書くようにしましょう。

男性のイメージとしては、セフレと聞くとなんとなく軽いイメージがあるかもしれませんが、セフレというのは決して軽い存在ではありません。もちろん、軽い感じでセフレの関係をもっている男女もいるわけですが、世間一般がそうであるわけではないのです。それこそインターネットで相手を探す場合に、軽い気持ちで探すというのはとても危険なことでもあります。ですので、誠実な人だと思われるような自己紹介を書くというのは、とても重要なことなのです。

趣味が合うような相手が理想

趣味が同じ人だと仲良くなりやすいですが、それはセフレを探すときでも同じです。趣味が同じ、出身地が同じなど、何かしらの共通点があるとそれだけでも親近感を覚えてしまうものですよね。ですから、なにか趣味があるなら趣味も自己紹介に書いておきましょう。ですが、女性受けしそうにない趣味なのであれば、それはわざわざ書かなくてもいいのです。

例えばゲームやアニメが趣味だと書いてしまうと、それは立派な趣味ではありますが、引きこもりなどを連想してイメージは決してよくはありません。嘘の趣味を書く必要はありませんが、なにか女性受けしそうなことに興味があるのであれば、それを書くぐらいにしておきましょう。